2013/09/28

2013/09/11-09/27ブロムシュテット/N響のブラームス祭り

およそ一年ぶりのブログです。

TwitterやGoogle+にはポストし続けているので、消息がわからなかった方はいないと思いますが、ともかくお久しぶりです。

今回のネタですが、タイトルの通りブロムシュテット/N響によるブラームスチクルスの感想です。
ブロムシュテット/N響のブラームス祭りに残ったもの。一つだけ足りないんだよなぁ…残念。
NHK交響楽団
第1760回 定期公演 Bプログラム
2013年9月11日(水)  開場 6:20pm  開演 7:00pm
サントリーホール
ブラームス/大学祝典序曲 作品80
ブラームス/ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68

第1761回 定期公演 Aプログラム
2013年9月21日(土)  開場 5:00pm  開演 6:00pm
2013年9月22日(日)  開場 2:00pm  開演 3:00pm
NHKホール
ブラームス/交響曲 第2番 ニ長調 作品73
ブラームス/交響曲 第3番 ヘ長調 作品90

第1762回 定期公演 Cプログラム
2013年9月27日(金)  開場 6:00pm  開演 7:00pm
2013年9月28日(土)  開場 2:00pm  開演 3:00pm
NHKホール
ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 作品98
指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(B定期の二日目だけチケットが獲れませんでした)

------------------------------------------------------------------

ブロムシュテット/N響のブラームス祭り、交響曲を1→2→3→4の順に演奏してくれました。それを通しで聞いて、曲ごとに個別の解釈をしたのではなく、その演奏順にも意味を持たせたんじゃないかと思いました。

1番は勢いはあるけど颯爽とした若々しい音楽で、ベートーヴェンの第10交響曲の位置づけにしなかったのではないかと思いました。2番は軽やかな音楽、3番は勇ましくてカッコいい音楽、そして4番になって泣きが入る・・・なんだか作曲家の年齢の積み重ねを想像させてくれるような演奏でした。

それにしても、演奏会で不遇な扱いを受けてると思われる3番(例えば前プロに持ってきて軽く流しちゃうとか)で感動させてくれたことを心から感謝。このチクルスで一番の演奏ではなかったかと思います。3番はハンス・リヒターがこの曲を「英雄」と評したそうですが、自分はそれを英雄の晩年というイメージを持っていました。しかし、今回の演奏はそんなことはなく、渋くてカッコイイ男性像を想像させてくれました。今後、この曲を聞く上で自分に大きな影響を残してくれたように思います。

N響も全員が全力投球。強調されたコントラバスの音の上に全奏者が全力で音を重ねていき、それでいて破綻しない音楽は聞いていて本当に気持ち良いものでした。

ヴァイオリンコンチェルトのツィンマーマンは二日目が素晴らしく、ただ音に聴き惚れるばかり。オケに合図を送るようなしぐさをするなどオケと完全に同化。競演であり共演。見た目的にもとても楽しい演奏でした。

ブロムシュテット氏の指揮は昨年のバンベルクとの来日の際に、省エネになったなぁと言う印象をもちましたが、今回も同じでした。棒が遅れた?と思えたところもあったような気もしました。もっとも、素人の自分にとっては、ブロムシュテット氏の棒はNDR響時代からピンとこないものですから、実際に遅れていたのかどうかはわかりようもないのですが。

最後に・・・
ブロムシュテットさん、毎年日本に来てださってありがとうございます。来年9月もN響定期にいらっしゃるとのこと。心からお待ち申しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/12

2012/11/01-11/11 ブロムシュテット/バンベルク交響楽団の日本ツアー

追っかけチケット

ブロムシュテット/バンベルク交響楽団の今回の来日を追っかけて思ったことを書いてみようかと。初日については以前Google+に書いたものをちょっと修正。

【11/1サントリーホール】
一曲目はベートーヴェンの英雄。これは勇ましさよりもチャーミングな印象。特に終楽章がカワイイ感じ。ベートーヴェンの初期であることを意識したんだろうか。

二曲目が交響曲7番。出来はこちらの方が上だと思った。とにかく音が厚い。出だしから重厚な和音に圧倒された。英雄では管楽器にハラハラしたけど、こっちではとても良かった。ホルンの弱音も素晴らしかった。

ただ、サントリーのLAブロック後ろの方だったので、席がコントラバスの真裏となってしまい、やや低音不足に感じてしまった。マエストロは低音を土台にする印象があるのでちょっと残念。

終演後オケが引っ込んだ後も拍手鳴り止まず、マエストロが再び舞台に。

この日は、マエストロが「去年」と比べて老いた気がした。オケに遅れを取った気がする箇所があった。そんな印象は以前にはなかったと思う。もちろんオケはちゃんとしていたので自分の思い過ごしなのかもしれないけど。今後はリズム中心の曲よりも響きが大切な曲の方が良いような気がする。11/3福岡のブルックナーにより期待。

【11/3アクロス福岡】
一曲目はベートーヴェンの交響曲7番。11/1のサントリーの時と違って前プロなのに、サントリーの時よりもさらに力強く感じた。終楽章の2ndバイオリンなど全てを出し切るような体の動きだった。マエストロも11/1の時よりも煽っていたようにも思えた。11/1にベト7を聞いて老いたなんて思ってしまったが、そうではなくあの振り方がマエストロの意思だったのだと思う。出てきた音楽やら自分のテンションやらでその時はそう思えてしまったのかもしれない。

二曲目はブルックナーの交響曲第4番。出だしのホルンであ!って思うところが一瞬あったけど、全体的には好演。金管・木管・打楽器・弦楽器全てがバランスよく、きっちり組み上げられたブルックナー。この曲だから当たり前なのかもしれないけど、ヴィオラパートがかっこ良かった。

しかし、弦楽器各パートの音が混じって聞こえるようなところもあり、対向配置を効果的に使って各パートを一つ一つ組み上げながら響く巨大な和音を期待している自分には若干物足りなかった。これは好みによっては好意的に取った人もいると思う。ベートーヴェンのときは音が自分の体に刺さってくる感じではなく、頭の上を超えていく感じだった。どうもこのホール特有の響きは自分としてはあまり好きではなかったみたい。

終演後のマエストロのお呼び出しなし。

【11/6サントリー】
一曲目はモーツァルトのPコン17番。一楽章最初の一音を聞いた時に「あぁ来てよかった」と思った。ふわっとした和音、キビキビとしたテンポではなくゆったりと悠然。ピアニストのアンデルジェフスキはそのオケにあわせている印象。カデンツァになって急にテンポを上げたりして、これまで溜めていた思いを爆発させたんじゃないかと思えた。二楽章は極めてロマンティック。これはピアノもオケもピッタリ。ゲネラルパウゼの静寂にも音楽が漲っていた。三楽章は変幻自在、終わりの方で一気にたたみ込むところは本当に圧巻。こんなモーツァルト、なかなか聴けない。本当に良い体験をした。それにしても、フルートとオーボエに愛を感じたなぁ。

二曲目はブルックナーの4番。これは福岡とあまり印象が変わらない。ただ、ホールの響きはこちらの方が好き。

終演後オケが引っ込んだ後も拍手鳴り止まず、マエストロが再び舞台に。
この日はサインを貰いに行き、最近出たばかりのブルックナー全集Boxの箱に書いてもらうように差し出したら、驚きつつもThis is nice music!(だったかな?)って言ってた。そして帰りがけにI'm going to kyoto next Saturday.と言ったら、マエストロが笑顔でSee you ageinと言ってくれた。
ブルックナー交響曲全集、ブロムシュテット氏のサイン入り

【11/10の京都公演】
11/1のサントリーホール公演と同一プログラム。
一曲目のベートーヴェンの英雄、いきなり度肝を抜かれてしまった。とにかくカッコいい、男性的な音楽。サントリーの時に感じたチャーミングと言う印象は一体なんだったのだろうか?そして、オケの響きがとても素晴しいこと!かなり以前、シュタインと来日したときの感動的なブラ4と同じ印象を持った。中低音を中心にふわっとした響きがホール中に響く・・・あー、これがバンベルク交響楽団の音なんだなぁと。ベートーヴェンで鳥肌立ったのはいつぐらいぶりだっただろうか?

二曲目のベト7はサントリーと福岡と同じ印象。そこに前プロと同じ響きが加わってよかった。でも、気持ちオケがバラバラしたような・・・。

終演後オケが引っ込んだ後も拍手鳴り止まず、ブロムシュテットが再び舞台に。お客のテンションはサントリーの時よりも高かった気がする。ブロムシュテットもお客さんの方を向いて拍手を送ってた。きっと演じている側も客席のテンションを感じていたのかもしれない。

【11/11の兵庫県立芸術文化センター】
こちらも11/6のサントリーホール公演と同一。一曲目のモーツァルトは曲が始まろうとする瞬間から、補聴器のハウリングと思われる連続した高周波音がホール全体を支配した。これはソリストによるアンコールまでずっと続いた。これについては色々ネットで書かれているようなので自分は触れない。あまりに不快で感想不能。サントリーで満足したからいいや。

二曲目はブルックナーの4番。ハコのマネージャーが舞台に出てきて補聴器のチェックをさせ、静寂が保てていることを確認してからオケが舞台に入ってきた。自分にとってはこのツアーでのブル4、3回目。この日が一番良かった。ややデッドなホールが書くパートの音をきっちり自分の耳に届けてくれたと思う。コントラバスだけじゃなくチューバとトロンボーンも響きの土台を作っているし、ホルンは美しいし、トランペットはかっこいい。曲中のヴィオラとホルンの掛け合いもドキドキものだった。

終演後オケが引っ込んだ後も拍手鳴り止まず、マエストロが再び舞台に。こちらもお客のテンションはサントリーの時よりも高かった気がする。ブル4が終わった後の静寂もここが一番長かったし。マエストロは拍手を受けながら、ファーストヴァイオリンのパートを持ち上げて指をさしていた。ここに人柄出ていると思った。

【全体通して】
東京、福岡、東京、京都、西宮と聞いて思ったのは、マエストロが振るとどこのオケを振っても本当にいい響きがするということ。とにかく和音がキレイにハモること!そして一拍たりともないがしろにせず、すべての音にニュアンスがついている。この音作りに慣れちゃうと、他の人の指揮だとぶっきらぼうに聞こえる気がしてしまうと思う。だからと言って、どのオケも同じ響きになってしまうことはないと思ってる。チェコ・フィルとのブル8は、重厚と言うよりは光っていて美しいって感じだったし、ライプツィヒとのブル7は巨大建築のようだった。まるでxxのオケのようだってことではなく、そのオーケストラの良さを最大限に引き出しているんだと思う。

マエストロは大見得を切ったりはしないんだけど、ダイナミックレンジが広いので、ピアニッシモからクレッシェンドしてフォルテシモになるときに爆発力みたいなものを強く感じる。NDR響のシェフやLGOのシェフになりたての頃と比べて、リズム感が後退した感じがするけど、その分適度なタメが備わるようになったと思う。そして、ちょっとした見得も増えた感じで、それがまた自分には丁度いい。

そう、福岡での終演後、ホールを出る人達の会話を聞いてとても印象的な一言は「高級オーディオで音楽を聞いているようだった」。これはすごくマエストロの音楽の良さを表現しているように思えた。前にも書いたけど、自分が持つマエストロの印象はホールで聞いているのにどのパートの音も埋もれずに聞こえてくる演奏。それを高級オーディオで聞くと言うシチェーションに共通点を見出した。

それにしても、今後もマエストロ・ブロムシュテットは聞き逃せない。まだまだ変わっていく気がする。この先、どうなっていくんだろうか?最後まで付き合います、私は。海外まではついていけそうもないけど(^^;;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/30

2012/09/30(日) 色々な話と台風前の散歩

日曜日はある人と中華街でランチ会食。
何度かお会いしたことがある人だったけど、サシで話をするのは初めて。

随分といろんな話をしたなぁ。時間が経つのは早いもんで、話はつきないまま先方さんの予定でタイムアップ。
やっぱりサシで話をしないと分かり得ないことが多いってことを実感。いろんな話をした中で、ここに書いてもいいかなって思えるところは、「SNSとかで一番親しい人ってだれですか?」って質問があったときに「一番はない」って答えたことかな?もちろん、苦手な人もいるし表面上つながっているだけの人もいるけど、一番ってのはないかなぁ。親しい人は何人もいるけど、一人には絶対に絞れないかな。しかも、相手が自分に対してどう思っているかなんて確かめようないしね。基本、みんな好きですよ。

会食が終わり、床屋に行こうと思ったんだけど、ちょっと酔っ払っていたので、酔い醒ましにちょっと散歩。昨日に続いて、普段はいかないところをふらふらと。

神奈川県近代文学館のところから坂をくだり、
さかみち

ヨットハーバーへ
ベイブリッジ@ヨットハーバー

台風そろそろだな

で、酔いが醒めたところで、床屋へ。終わったら暴風雨かなぁと思ったら、まだセーフだった。
帰宅したところで風が強くなった。そうなると晩ごはんの心配が。かみさんがお出かけで、ムスメと自分の二人っきり。外食にでるわけにもいかず、どうすっかと思ったら、ムスメが冷蔵庫から余り野菜を発掘してサッポロ一番塩ラーメンで野菜ラーメンを作ってくれた。
味付け忘れたーって言ってたけど無問題。

そんなこんなで週末終わり。なんだか平和な二日間で、途中嫌なことが頭を過ぎったけど、写真撮ったり、その場で確認してSNSに上げたり、美味しいものくったり、突っ込んだ話をしたり・・・随分とリフレッシュ出来たかな。
ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/29(土) 一人フォトウォークとラー博。

前回、鬱のことを書いたけど、状況は一進一退。クスリのお陰で会社には通えているし残業もできているけど、ちょっとしたことで自己卑下が始まっちゃう。なんとかクスリとお付き合いしながら頑張れそうだけど、息切れしちゃわないか心配だったりする。物事の捉え方も問題ってわかっていてもなかなかねぇ。

そんな中、週末が楽しめているのが救い。

土曜日は、一人フォトウォーク。デート相手募集!って言ってみたけど、どこからも反応なく、一人お散歩。
(募集ってどんだけ図々しいんだよ。)
関内近くの歯医者で難易度の高めの治療をしてもらい、その後伊勢佐木町の裏にある「野毛おでん」でおでん定食。
色は黒いが味はマイルド

食後は例によって横浜市内散歩なんだけども、今回は近いけどもなかなか行かない野毛山方面に。特に、野毛山動物園は40年ぶりぐらいだろうと思って突入。話には聞いていたけど入場無料になってから初めて。

レッサーパンダ寝てます

ホンドタヌキ

ペンギン

横浜市電

野毛ソフト、特典付き

そんな感じで動物を堪能。決して大きくはないけど、家からそんな遠くないし気が向いたら立ち寄るって感じの動物園でいいんじゃないかと思った。

その後、伊勢山皇大神宮で結婚式を眺めたり、
結婚式@伊勢山皇大神宮

ちょっとみなとみらいまで足を伸ばした。
観覧車、日本丸、お月様
いい月が出てきました

夜はムスメと合流して、新横浜のラー博へ。親子でミニラーメンを4軒ハシゴ。バカ食い親子は健在である。
これからムスメとデート

これはおまけ。
ち んこ鍋…ちなみにうちのムスメが見つけました

お後がよろしいようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/18

2012/09/14(金)-18(月) 色々あってダイジェスト(長いです)

ツレがうつになりまして・・・って映画とかあったと記憶してますが、ツレが・・・ではなく自分が鬱を再発しました。

職場の状況が少し変わったのがきっかけではありますが、原因は自分の性格によるものと思ってます。得意なところと苦手なところがはっきりしているので、苦手な面が強く表面化しやすくなると自己卑下のスパイラルに陥るんですよねー。そんな時は良い面を出して悪い面を上書きするしかないんですが、ちょっと今回は良い面を出すきっかけがなかなかつかめなくて。そんなわけで、仕事をしているうちに本来仕事に集中しないといけないのに、自分が嫌になることばかりが頭をよぎって仕事に手がつかない。そしてそんな自分がまた嫌になる。そんなこんなで会社を早退しちゃったり。

結局、心療内科行って抗うつ剤と安定剤を処方してもらうことに。また、苦手な面が出続ける状況になるのは辛いと職場でカミングアウトして、環境に配慮してもらったり。それらが総合的に効果を出し始めて、ヤバさのピークは過ぎたように思います。あと、9月の頭に季節外れのインフルエンザに罹患し、強制的に出勤出来なかったのもリフレッシュできてよかったように思います。イナビル吸ったおかげで自分自体はさっさと熱が下がったので、家でのんびりを決め込んでました。

FacebookやGoogle+などで状況を書いていたおかげで、多くの人に心配していただきまして感謝しています。最近、お会いする人からは想像以上に元気に見えるようでよかったです。

だいぶ元気が戻りつつある中、さらにリフレッシュしました。

9/14(金) 一日人間ドックに脳ドックオプションを付け、終わっても出勤しないでGoogle+つながりの方々と東京スカイツリー見物を。
スカイブルー
スカイツリービューからの夜景
ライトアップ直前は周辺をウロウロしながら写真を撮り、夜は親しい友人とお食事。大変楽しい一時でした。

9/15(土) 新日フィルの定期演奏会を聴きました。
Google+で親しくして頂いている方が会社の抽選で当たったとのことで、招待券を譲っていただきました。前の日に、人間ドックからスカイツリーに行く途中で職場近くに寄ってチケットを受け取っておりました。
演目はブリテン作曲 イリュミナシオン op.18 と ブラームス作曲 ドイツ・レクイエム op.45、指揮はアルミンク。
オケも栗友会合唱団も大変いい音を出しており、まさに渾身のドイツ・レクイエムだったのでは。ただ、自分にとっては苦手な曲、克服するには至りませんでした。それもあって気の利いた感想が書けません。ちなみに、急遽誘った前の会社の後輩氏が大感動していました。
演奏会の前後にSNS仲間と楽しいおしゃべりをさせていただきました。

帰宅後はおうちで和なご飯でホッと一息。
晩ご飯全貌

9/16(日) 引きこもりな一日。ずっとレコード聞いてました。
モーツァルト歌劇「後宮からの誘拐」、ヨッフム/バイエルン国立歌劇場他。独DGG SLPM 139 213/15

日中、かみさんが出かけていたので、夜は家族で合流して外食。当初は庶民派イタリアンに行こうと思ったんですが、行ってみたら開店前。開くまでまだ時間があったので、元町まで歩いてイタリアン。そこはちょっと高級でしたね。
モレッティ・ドッピオモルト
鮮魚のアクアなんとか

9/17(月) またまた引きこもりな一日。わけもなくPCオーディオの研究など。
何がきっかけかも思い出せないんだけど、NASに入っているFLAC音源をDLNA経由でPCで再生し、USBデバイス経由でQUADのプリアンプで鳴らす・・・なんて試してみました。再生できるPCソフトを探したりしてようやっと再生できるようになったと思ったら、組物CDの曲順が思い通りにならなかったり・・・などなど色々悩ましいことが。どうやらDLNAを経由するとディスク番号でソートができないみたいです。そんなこんなですっかり夕方に。

さすがにずっと家にいるのは不健康だと思ったので、期末試験勉強で引きこもっていたムスメと散歩に出ました。ちなみに、かみさんはこの日も午後からお出かけ。そこでそのままムスメと外食することに。歩きながら色々学校の人間関係の話をするんですが、なかなか面倒くさそうな感じ。そこでコミュニケーションの取り方などをレクチャしました。少しは役に立つかしら。

夜ご飯は、前の日に行けなかった庶民派イタリアンである、南伊食堂ブッチリアヘ突入。ここはオリーブオイルと塩が基本のややワイルドな味付け。この大雑把さが美味しくてたまりません。
モレッティ
カプレーゼ
パスタ・コン・サルデはシチリア名物でフェンネルとイワシ
そして、ここのパスタは生麺でモチモチしていて美味しいのです。最近少し行く頻度が減ってしまいましたが、やっぱりここに帰ってくる感じです。

そんな感じでのんびりとした3連休(事実上の4連休)でございました。
楽しいこととは言え予定が詰まっていると疲れるので、今週は休養できたのは大きかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/30

2012/08/29(水) 今日の夕焼け

先週から飲んでいる薬が効いてきたのか、仕事でちょっとしたカミングアウトをしたのが良かったのか、今週はメンタル的にほどほど保てている。

しかし、今日は朝から晩までずっとミーティング。その全部が気が張っているものではないのだが、やっぱりストレスが溜まる。そんな中、夕方に窓の外をみたら大変見事な夕焼けが見えるではないですか。窓際にはちょっと機嫌の悪そうなマネージャーがいたんだけど「息抜きにきました」と言ってカメラを持って窓際に。周囲の冷たい目を気にせずパシャリ。

最近、そう言う行動が許されない風潮のある職場になりつつあるけど、やっぱり我慢できなかった。こうやって職場のたんこぶになっていくのだと思う。もう長くないなー。

ってことで、撮った写真はこちら。
さっきのヒルズの夕焼け1

さっきのヒルズの夕焼け2

さっきのヒルズの夕焼け3

今回はDA21mmLimitedを使用。最近DA40mmLimitedが多かったからちょっと気分を変えてみた。空を広く撮るのもいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/26

2012/08/18(土)-26(日) 色々あってダイジェスト

18日(土)その1
ぐーたすで知り合ったお友達が参加するJAPAN FRIENDSHIP PHILHARMONICと言うアマオケの演奏会を聞きに行った。プログラムは超豪華。ツァラ、ブラ1、スターウォーズの3曲。なかなか実力のあるオケだと思った。ゆったりとしたテンポでダイナミックレンジと情感を求める指揮に着いていききれない感じだったけど、それは要求がきつすぎるかなぁと思った。でも、指揮者もオケも持つ気持ちは勝手に感じ取った。スターウォーズはびっくり演出もあり、オケも指揮者もノリノリ。ちょっとうつ気味の自分に元気を貰えたかも。また来年も来よう。

18日(土)その2
この日と日曜日は横浜スパー クリングトワイライトなるイベントがあり、小規模ながらも山下公園の花火が復活。自宅のベランダから見物した。今の家に引っ越したとき、ここの花火をベランダから見るのが楽しみだったが、ほどなく中止。小規模でも復活が嬉しかった。
IMGP1103

19日(日)
かみさんとその仲間たちが演奏会を開いた。もう15回にもなる。かみさんと知り合ってから聞いたのがたぶん第2回。一緒に生活するようになってほどなく写真係として参加。それから何回ぐらいになるんだろうか?かみさんは1週間ほど前に風邪を引いて本番まで大変だったようだが、多少安全運転風に思えなくもなかったけどその分安心して聞けたのは良かったと思う。それにしてもスタッフ側になって思うのは、出演者だけじゃなく多くの人の頑張りがあって成立するものと言うもの。自分なんか当日三脚おっ立てるだけだから楽なもんである。
IMGP1448

20日(月)
平日はとにかく不調。ここではあんまり書かないけど、仕事がちょっとねぇ。楽しみは業後のご飯と散歩。この日は東京タワーの五輪色が最終日と聞いて職場帰りにパチリ。(後になって、パラリンピックでも五輪色になるんじゃないか説が出た。しかし裏は取れていない)
東京タワーも一つ

24日(金)
この日は職場で色々いいそうな人がみんな休み。そこで久しぶりに夕方に窓の外の写真を撮影。
夕日…六本木ヒルズ

夜は最近メンタル的に不調を訴えていることを心配してくれた友人が飲みに誘ってくれた。本当にありがたい。
鰊棒煮

25日(土)
特に予定のない週末。かみさんとお昼ごはんを食べ、ふらふら散歩して買い物して帰ってきた。途中、日本でも有名(らしい)バリスタさんがいるカフェでラテアートを作ってもらった。
作ってます

夕方、窓の外を見たら空が綺麗だったから家の裏の高台に出たら富士山が綺麗だった。
さっきの富士山、ちょっとWB変えてみた

26日(日)
25日の夜から26日の昼間で、先週の演奏会の写真のチョイスと、会場で録音した音源の出演者向けコピー作業。コピー作業は自分のPCのコンボドライブがソフトに対応していなかったらしく色々手間取った。ちょっと時間の無駄が多かったと思う。少々不本意。夜は実母の誕生日祝いを横浜中華街で。もう80過ぎですよ。色々ガタが来ているようだけど、まだ老夫婦で暮らしていける健康さに感謝。料理も喜んでくれてとてもよかった。
今日は実母の誕生日祝いでした(5日遅れだけど)

ってことで、ブログが追いつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2012/08/15(水) QUAD FM4復活